エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

イエスの方舟事件(千石剛賢)の真相に涙

シェアする

1980年に日本を震撼させた「イエスの方舟事件」。突如集団失踪した女性たちがいました。そして今も共同生活を続けていたのです。「爆報!THE フライデー」でも語られたこの事件とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

イエスの方舟事件とは

イエスの方舟事件ってなにパラ?

1979年~1980年に発生した信仰集団「イエスの方舟(はこぶね)事件」のことだ。聖書勉強会を母体にした集団が「イエスの方舟」になる。代表は千石イエスという男の人で本名は千石剛賢(せんごくたけよし)だが、78歳に時に他界している。

千石剛賢氏は1923年7月12日に兵庫県加西市で誕生したの。実家は農家で裕福な生活をしていたみたい。そして20歳の時に海軍へ入隊をしているわ。戦争が終わった後にレストランの支配人をしたり、てきやをしたり、刃物工場を経営したりしていたの。

千石剛賢に集まる謎の若い女性たち

1952年に大阪にある聖書研究会に参加することになったが、研究員仲間10名と出会った。そして東京都国分寺市に移動し極東キリスト集会を主宰したぞ。これが後の「イエスの方舟」だ。1975年頃に団体名を「イエスの方舟」に改名している。

この団体は、家の中に居場所がない人が主な信者になって、千石剛賢氏の元で共同生活を始めていたの。

家族の間でうまくいっていない人が加入していたパラ。

うん、設立した当時は東京・国分寺で3LDKの旧米軍ハウスを借りていたぞ。信者の人間は目立って女性が多かった。その多くは17歳もいる若い独身女性だったんだ。

家族の間でうまくいっていない若い人パラ。わかったパラ。家出パラ。連絡して行ったパラ?急にいなくなったら心配するパラ。

急にいなくなった人が多かった。

マスメディアが動き出し、加熱

突然目の前から消えた娘たち。家出や疾走したから心配した家族は警察に捜索願を出したの。そして、千石剛賢氏のところにいることが分かったわ。

1977年頃に、警視庁が特別捜査班を編成したけど、「女性たちの入信と家出は自主的である」という理由から、法律的に連れ戻すことはできなかった。家族は警察の対応に納得できずに、「イエスの方舟」に対する集団抗議行動を起こすようになった。直接、千石剛賢氏の住処に押しかけて抗議をし始めた。

娘たちは自分の意思で来たっていってるパラ。でもパパンとママンは無理やり連れてこられたっていってるパラ。どういうことパラ・・・。

度重なる嫌がらせに耐えられなくなった千石剛賢氏。1978年4月21日、「イエスの方舟」の信者26人全員と千石剛賢氏は、国分寺での生活を中断して、住居を引き払ったわ。それから2年2ヶ月以上に渡って、大阪、岡山、神戸、赤石、長野などを転々としていたの。

マスコミも面白おかしく加熱していく。当時の婦人公論誌は「千石イエスよ、わが娘を返せ」というタイトルで一斉報道をしたんだ。警察も当の本人たちも無理やりではないと訴えていたが、マスコミ側は誘拐的で洗脳的な連れ去りだと決めつけて報道していた。

その他マスコミも、「千石ハーレム」・「現代の神隠し」といった表現で報道していたわ。たまらず動いたのが「イエスの方舟」の娘さんたちだったの。マスコミ各社に宛てた手紙を送ったわ。たけどマスコミは「千石が無理やり書かせたもの」と決めつけて世間もその流れに進んでいったの。

千石剛賢が心臓病で他界

世論の流れを無視出来なくなった警察は、1980年7月2日遂に名誉毀損と暴力行為などの容疑で千石剛賢氏に逮捕状が出てしまった。でもこの直後、千石剛賢氏は持病の心臓病から狭心症を発症し、緊急入院したぞ。

入院したことを受けて、捜索願が出されていた娘さんたちは親元へ返されたわ。千石剛賢氏も半月後に出頭したの。でも、千石剛賢氏は任意調査で書類送検されて、容疑事実が不確定として不起訴処分になったわ。

サンデー毎日で空気が変わる

サンデー毎日はこの事件に対して冷静かつ慎重に見ていたの。当時の編集長を務めた鳥井守幸さんはイエスの方舟の娘さんたちから送られた手紙について「便箋20枚に書かれた手紙の行間に漂っている真面目さ、一途さに、これまでの方舟のイメージが根底から覆るかもしれないと背筋にぞっとする戦慄を覚えた」と語っているの。次第に世間の目は冷静さを取り戻していったわ。

千石剛賢のその後

不起訴処分になった千石剛賢氏は1980年12月に福岡の中洲に移って「シオンの娘」というクラブを経営した。そして一度親元に戻っていた信者や娘たちは再び千石剛賢氏を頼って共同生活を再開したんだ。信者たちは会員という肩書で、女性会員はクラブ嬢になり、男性会員は千石剛賢氏と共に大工仕事もしていたようだ。

千石剛賢さんは慕われていたパラ。

宗教は「教祖」や「神」なんて呼んでるところが多いけど、千石剛賢氏の会員さんたちは「おっちゃん」と呼んでいたの!宗教的な感じは受けないわ。

イエスの方舟事件は行き過ぎたマスコミ報道で多くの人たちが面白おかしく流れていっていまった。そして千石剛賢氏は2001年12月11日、福岡市の病院で死去した。

イエスの方舟事件の現在

「シオンの娘」は来客者の悩みや人生相談に乗ったりする、悩める人物の駆け込み寺のような存在なの。26人の会員はほとんど脱落していないそうで、福岡に住み着いた後で加わった会員も3人いるわ。騒動のころ子供だった子達も結婚して、夫婦6組が加わったそうよ。

千石イエスと呼ばれた千石剛賢氏には、嫁と子供がいて、亡くなった現在は、嫁が代表者の主幹になり、子供とその養子が副主幹で教団をまとめているぞ。ちなみに、子供に対しては、会員との関係を対等にするために「お父さん」と呼ばせなかったそうだ。

千石剛賢氏の遺言は 「仲良くすること」・ 「健康に気をつけること」・ 「聖書の研究を続けること」

家に居場所がなくて千石剛賢さんのところに集まってきた娘たちだったパラ。本当の家族よりも千石剛賢さんの方が父親のような存在だったパラ。