エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

葛西臨海水族園 マグロの現在、最後の一匹は激突死

葛西臨海水族園は多くの海洋性生物を展示していますが、この水族館は以前“マグロが謎の大量死”として話題になりました。日に日にマグロが死んでいく謎の現象に水族館関係者をはじめ、日本中がその行方を注視していたのです。当時最後の一匹は生きているのでしょうか?結論からいうと亡くなっていました。

スポンサードリンク

葛西臨海水族園のマグロは今

大混乱してしまった葛西臨海水族園のマグロは今どんな感じになっているパラ?

葛西臨海水族園といえば、何と言っても、 ドーナツ型の水槽を泳ぐ マグロなどの回遊魚の水槽だけど、ここにいるマグロが次々に死んで問題になったな。既知のウイルス病や農薬類ではなく、照明や水質も特段の異常はなかった。研究機関に依頼し、ウイルスなどについて調べているけど、現在も謎のままなんだ。

回遊魚の大型水槽に ・クロマグロ63匹 ・スマ67匹 ・ハガツオ35匹 が飼育。2015年の1月には スマ、ハガツオが全滅し、 クロマグロも3匹になって、2月25日にさらに1匹が死んでしまい残り2匹になってしまったの。そして3月24日の午前8時過ぎに水槽でマグロが浮かんでいるのを発見して残るは1匹・・・。それからマグロを新たにいれて現在は2200トンのドーナツ型水槽に43尾のクロマグロが飼育、今年6月にクロマグロが追加されて、現在計98匹が展示されているみたい。

今のところ順調そうパラ!

水槽にいるマグロは今はまだ4kmのスピードで泳ぐけど、将来的には時速80kmまでスピードが上がるんだ。ちなみにマグロは原則する時に腹ビレが出てくるんだ。スピードを出すぎた場合はこの腹ビレでスピードを抑えている。そして背ビレも普段は収納されているが減速するときには出して速さを調整している。 画像 画像

当時、一匹だけ生き残ったマグロはだいたい5歳。新しい仲間を追加していれた後も健在で元気よく泳いでいたわ。開園以来マグロ展示をずっと続けてきた葛西臨海水族園、このマグロのおかげでそれを途切れずに20数年間維持することができているの。・・・、でも死んでしまったわ。全長145センチ、体重61キロ。8月2日午後1時半ごろ、目の前を横切った別の個体につられるように突然速く泳ぎ出して、水槽に衝突。

寿命じゃなくて事故で死んでしまったパラ・・・。

寿命園で飼育されているクロマグロの平均寿命は5~6歳だから、平均的で結構なお年寄りだった。人間でいうと85歳90歳ぐらいだろうか?田畑直樹園長は「これまでも何度かえさを食べないことがあったが乗り越えてきた。覚悟はしていたが、もっと長生きしてほしかった」と語っているぞ。

世界的マグロブームでマグロ自体の数が少なくなっているパラ。マグロ水族館の役割は一層強くなっているパラ!