エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

黒柳徹子「窓ぎわのトットちゃん」校長先生の言葉が泣ける

ベストセラー「窓ぎわのトットちゃん」に描かれた奇跡の小学校から学ぶ、黒柳徹子さんの一生を決定づけた校長先生からの言葉。日本で「戦後最大のベストセラー」と呼ばれている本書で、“トットちゃん”と言えば、タレントの「黒柳徹子」さんのことを思い浮かべる人も多くいます。黒柳徹子さんの子ども時代を思い返したエッセイです。

★窓ぎわのトットちゃん★

日本でおなじみの黒柳徹子さん自伝的小説「窓際のトットちゃん」が中国で驚異的に売れているそうです。中国では2003年の出版以来、 100万冊にはめったに達しないと言われる児童書で、脅威の350万部を販売。

子供の瑞々しい世界とそれを尊重して見守る校長先生を描いた同書は、話題が話題を呼び、これまでに世界35カ国語に翻訳出版されています。小説を読んだ読者は、「さんさんと照る太陽の光のようで純真な本」、「まるで自分の幼年期に舞い戻ったようだ」日本の読者同様、物語に描かれた純粋で汚れの無い子供の世界やそれを大切に思う優しさに心を動かされているようです。その感動の物語とは?「窓ぎわのトットちゃん」のあらすじ(内容)を見てみましょう。

「黒柳徹子は発達障害だ」と噂されたことがありますが、黒柳さんは「小さいときから考えてきたこと」という自伝所で「私はどうやらLD(学習障害)があったかもしれない」と、自身で告白して書いていたためです。NHK初の専属女優としても知られる黒柳徹子さんの障害、その謎が、この「窓際のトットちゃん」に書かれています。(以下ネタバレ含みます)

スポンサードリンク

窓ぎわのトットちゃんの内容とは?

トットちゃん(黒柳徹子)が、この物語の主人公。「徹子ちゃん」が、「トットちゃん」と聞こえ、「ちゃん」までが名前だと思っていたそうで、いつも自己紹介の時は「トットちゃんです!」と元気に答えていたそうだ。そんなトットちゃんは、最初に通っていた小学校を1年生で退学している。トットちゃんは、おしゃべりが大好き!そして早口で、しゃべりだしたら止まらない子だったんだ。

窓際の席になれば、授業中にもかかわらずチンドン屋さんを呼び込んだり、外に向かって誰かに大声で挨拶しているかと思えば、巣を作っている鳥に挨拶していたなんてこともあった。このような行動をしてしまうトットちゃんに対して先生は疲れ果ててしまい、学校はトットちゃんを追い出す選択をしたんだ。

ぬぉ~・・・ひどいパラ・・・。大変なのはわかるけど追い出すのはやりすぎパラ・・・他に方法はなかったパラー!?

この退学でお母さんはとても心配したの。次の小学校でも、トットちゃんを受け入れてもらえなかったらどうしよう・・・。小学校を退学になったことはトットちゃんに伝えなかったわ。その理由は、もし伝えたらトットちゃんの自尊心がひどく傷つくと思ったから。

母親自身トットちゃんのことは困った子だと思っていたようなんだけど、それも「個性」として、こんな陽気なトットちゃんの良さを認めてくれるような学校をお母さんは探す決断をしたわ。優しいお母さん。後の小学校であるトモエ学園の面接の時に、トットちゃん自身も、「“あんたは前の学校を退学になったのよ”と伝えられていたら、どれほど惨めな気持ちでオドオドしながら向かっていたでしょう」と語っているわよ。

黒柳徹子さんは、舌足らずの発音で「トットちゃん」と自己紹介するような子で、小学校の担任から匙を投げられたトットちゃんは、母親に連れられてトモエ学園にやって来た。小学校「トモエ学園」は一風変わった学校だった。なんと校舎が本物の電車でできていたんだ!学校といえば立派な校舎があるイメージだけどこの小学校では違った。でもトットちゃんは一目でこの学校を気に入ったぞ。

校長先生との面談は、お母さんは抜きの、トットちゃんと校長先生との2人きり。校長の小林先生は、トットちゃんにいろんな話をしてくれと頼み、トットちゃんは思いつくままに話をしたそうだ。電車や洋服、それにお母さんや前の学校の先生のことや愛犬ロッキーのことなどあらゆる話をし続けた。なんと話が尽きたときにはすでに4時間が経過していた。小林先生はトットちゃんの頭に大きくて暖かい手を置いて、「これで、きみはこの学校の生徒だよ」と言い、迎え入れてくれて、トットちゃんのトモエ学園生活がこうして始まった。

いい学校といいママンに恵まれたパラ。そこからの学校生活は充実していたパラ?

トモエ学園はとにかく不思議な学校だったわ。席順がないため毎日好きな席に座れたの。隣の席の友達も毎日違うからみんなとまんべんなく仲良くなれたみたいね。そして時間割もなかったし、毎朝黒板に今日行う教科が書いてあるだけ。みんな好きなように自分で時間割も時間配分も決めていたわ。

小さい子にすべてを任せていたパラ・・・不思議な学校パラ。なんでこんなことをしたパラ?

それは自分で考える能力を身に着けさせるため!好きな教科から始めるのか、嫌いな教科を先に片づけるのか、時間配分はどうするのか、多くのことを自分の肌で感じさせるためだったの。わからないことがあったらちゃんと先生に質問できるかという能力をつけることも狙っていたみたい。トットちゃんも初めは戸惑いもあったけど、アルコールランプをつけたり、書道などをしたり思い思い好きに勉強している空間を気に入ったわ。

トモエ学園には、身体に障害を持った子も数人通っていたが、そんな子供ものびのび、みんなと一緒に遊べる学校だった。プールの時間は水着をもってきている子もみんな裸で遊んでいたけど、これは水着に着替える時間がもったいないから!身体に障害があり不自由な子もなんの隔たりもなく一緒になって遊んだ。

小さい頃からこんな環境に触れた子どもは、大人になっても障害のある人を差別しない人になるパラ。裸になることで自分とは身体の大きさも違う、形も違う、傷跡もある姿、でもそれでもみんな生きてる、こうした感情を小さい内に教えていたパラ。

第二次世界大戦勃発、トモエ学園でのびのびと育ったトットちゃんに悲劇が襲いかかった。トモエ学園は、東京大空襲で燃えた・・・。何もかも燃えてなくなっていく東京の街。しかし絶望の中で言葉を発した校長先生は「さあ、次はどんな学校を作ろうか」。障害を持つ子供たちを教えてきた先生、障害があっても「未来はある」、そう伝えたかったのかも知れない。

「窓ぎわのトットちゃん」は、トモエ学園が空襲で焼け落ちてトットちゃんが満員の疎開電車で東北 に向かうところで終わり。黒柳徹子さんは子どもの頃に戦争を体験することで、改めてトモエ学園で経験したことの尊さを想い、大人になってからも子どもの頃に感じたことを大切にしているわ。そこには、黒柳徹子さんの子どもの幸せと平和への願いが込められているの。

トットちゃんが先生にある日言われた、「君は、ほんとうは、いい子なんだよ」の言葉は、黒柳さんが大人になっても支えている。小学校を退学させられ“変わった子”として言われてきたけど、いいところはたくさんある。そんなトットちゃんに向けての「君は、ほんとうは、いい子なんだよ。」という大切な言葉。

黒柳さんは「先生のあの言葉が無ければ、母親が自分に劣等生の烙印を押していたら、私は何をやっても叱られて、自分に自信が持てずコンプレックスになり、何もできない大人になっていたでしょう」とあとがきを綴っている。黒柳さんは、その言葉を支えに今でも、変わっている自由なところも早口なところもおしゃべりなところも最大限に自分の魅力として表現して誰にも愛される人物になっていたんだ。

小説のタイトルに付けられいる「窓際」は、当時リストラ候補だった社員を窓際に置く風潮からと、自分も騒がしいからと窓際に置かれ、チンドン屋さんを呼んだり鳥に挨拶したりしていたから、その2つの意味からつけたみたいパラ。