エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

滝本匡孝 芸能事務所社長殺害事件の真相が小説でヤバイ!

大手芸能事務所社長A氏殺害事件は、いったいどのような事件で、どのような人間模様が繰り広げられたのでしょうか?

スポンサードリンク

滝本匡孝と大手芸能事務所社長A氏殺害事件の真相


「大手芸能事務所社長A氏殺害事件」ってはじめて聞いたパラ。どんな事件パラ?

「大手芸能事務所社長殺害事件」 は、1964年4月24日に芸能プロダクション「三芸プロ」社長の滝本匡孝さんが殺害された事件のことなんだ。犯人は、島田、酒井という2人の男、なぜ滝本さんを殺害しようと思ったのか気になる。

「大手芸能事務所社長殺害事件」・・・なんやぶっそうな事件やなー、みんな仲良くせないかんでほんまにー。

この事件がどのようなものなのか振り返ってみましょう。滝本匡孝さんは1959年に三木鶏郎さんのマネージャーになったの。そして1960年2月に銀座に民放コマーシャル専門の「三芸プロ」を設立。実は初めてCM音楽を商業ベースに乗せたとして有名になったこともあって、経営も順調に進んでいたわ。でもその幸せな時間も長くは続かず悪夢が突然訪れることに・・・。

怖いパラ!ガクブルパラ。

1964年(昭和39年)4月24日、午前0時を回った頃、三芸プロ社長の滝本匡孝さんは東京港区にある「永楽壮」という名の自宅に向かっていたわ。でもその姿は“血まみれ”。滝本匡孝さんはなんとか自宅に辿り着いたの。その姿を見た奥さんは慌てふためいてパニック状態になっていたわ。

当然やな。ワイなら気絶しとるわ!

滝本匡孝さんは混乱している奥さんに「相手はブルーバードだ」と伝えて息絶えてしまったの。後に死因は鋭利な刃物で頭部など数か所を深く刺されたことが原因ってわかったわ。

恐ろしい事件だ。でも「ブルーバード」ってなんだ?小説みたいなダイイング・メッセージを残したってことは犯人の顔が誰なのかわからなかったってことだろうか?

警察の捜査が進んでいく内に「ブルーバード」の謎が解けたの。これは犯行に使われた“車”を指していたようね。自宅前に車のスリップ跡が発見されて、近くの電柱の下には刃物を包む鞘上の形をした新聞紙の包みが発見。調べてみると家庭覧の料理献立の記事がなぜか切り抜かれていたのよ。

どういうこっちゃ?犯人は料理が好きなん?「これでお前の命もここまでだ。ん?料理の献立?今日の晩飯はこれがいいなうまそうだ。」こんなん思ってたんやろ!犯行した時に料理のことを考えられるちゅーことは余裕の犯行やないか!

・・・。警察は証拠品を集めて捜査を進めていったわ。そして車は港区新橋で盗まれたもので、事件の翌朝に品川南大井で乗り捨てられていたことが判明。滝本匡孝さんの身辺調査もしたけどこれといってひかかる人もいなくて、真面目で仕事熱心な方だったみたいだから、周囲に犯人がいる可能性は低いと見て恨みを抱いて犯行の可能性はほとんどないと考えていたの。

通り魔的な犯行だったとか?

ううん、捜査は進んで過去に滝本匡孝さんとトラブルを起こした人がいることが分かったわ!それは滝本さんの事務所の従業員で総務課長の島田敏之という人。トラブルの原因は“お金”。どうやら金銭問題が発生していたようね。二人の間のトラブルは以下になるわ。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

▼ 滝本匡孝さんに黙って会社の預金600万円を別口座に預金。
▼ 妻子がいるのに2人の愛人がいて生活が派手。
▼ 前に務めていた会計事務所で恐喝事件を起こしていた。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

金の問題はトラブルが多いさかい、貸し借りはほんま慎重にせなあかんで。

この人が犯人で決まりだな!

警察も島田敏之氏を重点的にマークしていったわ。でも彼には事件当日にアリバイがあったの。滝本匡孝さんと銀座のバーで一緒に飲んでいたけど、ホテルの前で滝本匡孝さんとは別れてまたバーに行ってたわ。その後もバーにいた女性とホテルにいって24日の朝4時頃には自宅にちゃんと戻っていたことが判明。警察は頭を悩ませて迷宮入り・・・。

犯人は誰パラ・・・。

警察は島田さんのアリバイの裏を探るべく、以前恐喝事件を起こした際の共犯者である小林という人物を事情聴取したの。すると、「一年前に島田に殺人話を持ちかけられた。怖くなり今は絶交状態」という証言が取れたわ。

アリバイがある島田敏之氏と殺人話・・・そうか!依頼したんだ!

うん、警察は島田敏之氏が何者かに殺害を依頼した疑いがあると睨んだわ。そして彼を問い詰めていくと殺害計画がわかって島田敏之は犯行を認めて事件解決できたの。

ちょい待て待て、誰が滝本匡孝さんを殺害したんだ?

事件の実行犯は島田氏が競艇場で知り合った当時25歳の酒井というタクシー運転手だったみたい。酒井は謝礼60万円という取り引きで滝本匡孝さんを家の前で待ち伏せして犯行に及んだの。

あの”料理の切れ端”はなんだったんや?

酒井は犯行を否定してたんだけど、酒井の実弟の奥さんが切り抜きしていた新聞の料理献立の記事が発見されたの。これが事件現場に残されていた証拠と完全に一致したから酒井も言い訳できずに犯行を認めることになったわ。

でもなんで滝本匡孝さんは狙われたパラ?金銭問題だけパラ?

島田敏之は犯行の動機について、会社を乗っ取るつもりだったらしいわよ。最低な動機ね。島田敏之は精神病として認定されて無罪そして酒井には無期懲役が言い渡されたわ。精神病で無罪になることは今でもたくさんあって問題視されているわね。でも検察は諦めなかったの。島田敏之の無罪に異議を申し立て控訴、その後の精神鑑定で島田敏之が病気を装っていたことが判明して無罪から無期懲役になったわ。奥さんも滝本匡孝さんもよかったわね。刑が確定した二人の現在は不明で、無期懲役だから今も刑務所にいるのか、亡くなったのかわからないわ。

三芸プロという芸能事務所の社長、これからって時の30歳のという若さで命を絶たれて辛かっただろうな。