エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

副島孔太 現在、野村ノートで名学館のオーナーになっていた!

名将・野村克也さんの愛弟子、元ヤクルトスワローズのSこと副島孔太さんの今、戦力外通告を受け、どん底バイト生活をしていました。しかし、野村ノートに救われ一発逆転していたのです。いったいなにが起きたのでしょうか?

スポンサードリンク

元ヤクルトスワローズの副島孔太ってどんな人?

副島孔太さんってどんな人パラ?

副島孔太さんといえば、野村ヤクルト全盛期に入団したスラッガーだ。高校時代には桐蔭学園の主軸として甲子園に出場している。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

▼ 名前:副島 孔太(そえじま こうた) 画像 
▼ 生年月日:1974年5月17日
▼ 出身地:東京都大田区
▼ 身長:186cm
▼ 投球・打席:右投左打
▼ ポジション:外野手、一塁手、三塁手
▼ プロ入り:1996年 ドラフト5位

少年野球の時に日本代表に選ばれるなど、アマチュア野球界では名の知れた人で、桐蔭学園高校時代 1年生でレギュラーを勝ち取りました。2年、3年の1991年と1992年には夏の甲子園に連続出場。

1991年は3回戦まで進出し、副島孔太さんは3回戦でラッキーゾーンへの本塁打を打っています。3年の時には優勝候補筆頭と言われたものの、まさかの初戦(甲子園開幕戦)サヨナラ負けに。ドラフト5位でヤクルトに入り活躍しましたが、30歳の若さで戦力外通告へ。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

副島孔太の現在、名学館の経営者

野球界を盛り上げた副島孔太は今なにしてるんや?

オリックスを退団してプロ野球を引退後は、欽ちゃん球団の茨城ゴールデンゴールズに選手権コーチとして入団したの。その後は社会人野球のフェデックスに入団しているわ。そして、全国展開する塾「名学館」で、川崎市中原区の元住吉校の開校と経営を決意。2015年2月に経営者になる道を選んだの。

塾を経営すごいパラ。頭がいいパラ。

副島孔太さんは名門校に通っていたわ。そして「私は経営者なので、生徒の学習指導はプロの塾長や講師陣に任せています。」と言っていて、勉強は教えてないみたい。でもこうもコメントしているわ。

「今の子供たちと接して感じるのは、可能性や未来を客観視して、すぐに夢を諦めてしまう傾向がある。昔はプロ野球選手になれなくても”近づけるよう頑張ろう”という子供が多かったのに、今はそういう子は本当に少ないし、”とりあえずやってみろ”という指導は受け入れてくれない。目的を明確にして、こういう効果があるという具体的な指導をしないと動かないのです」

経営者オーナーとして今の子どもをしっかり分析してるやん!

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

名学館元住吉校

▼ 場所 〒211-0022 神奈川県川崎市中原区苅宿38−3
▼ 電話 044-433-4119
▼ 営業時間 14時00分~22時00分

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

副島孔太のどん底アルバイト生活を野村ノートが救う

副島孔太さんは、プロ野球を退団したあとは、飲食店のアルバイトをして生計を立てていたんだ。家賃を払ったらすぐにお金がなくなるどん底バイト生活に苦しんでいた。

でも、副島孔太さんは、野村監督のノートによって一発逆転をすることになったの!ベストセラーにもなった 野村克也さんの著書 『野村ノート』は、具体的な試合や選手の配球術、采配、 選手の育成法などが解説されているわ。そして指導者のあり方についても記載しているの。

『野村ノート』は、 野村監督が現役時代からつけていた ”野村メモ”を元にしている。その日起きた内容が詳細に記録されているが、データ分析などをあまり行われていなかった1960年代頃からの貴重な記録なんだ。

そして1999年の阪神監督時代に野球指導のため選手に配布された 「野村の考え」。戦術論、戦略論、心理分析、生き方などを記したものなんだ。相手チームに勝つために何が必要か?自分を変えるには何が必要か?野村監督の考えが書かれているぞ。

心が変われば態度が変わる

態度が変われば人格が変わる

人格が変われば運命が変わる

運命がかわれば人生がかわる

という名言を副島孔太さんは大切にしているぞ。

どん底にいる中、師匠のノートに救われ、参考にして一発逆転したパラ!

今後は球界に恩返しができるように考えているみたい。ちなみに5年前に両親が他界して、現在は両親と共に暮らしていた家に一人暮らしをしているの。