エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



竹内順平(梅干し)ってどんな人?

シェアする

梅干しの世界は酸っぱいだけじゃない!全国の絶品梅干しを知り尽くした超有名落語家の息子、竹内順平さんが「マツコの知らない世界」に出演し、梅干しの魅力を語りました。どのような人なのでしょうか?

スポンサードリンク

梅干しに人生を捧げる竹内順平とは

すっぱ~い!でもたまらな~い☆彡

梅干しは日本を代表する食べ物パラ。

梅干しといえば、竹内順平さんが知られているぞ。竹内順平さんは、全国300種類以上の梅干しを食べ歩いて、梅干し好きが高じて梅干しの魅力を伝える会社を設立している。落語家の立川志の輔さんの一人息子でもあるんだ。

梅干しが好きすぎて会社設立かい。どんだけ好きやねん!

好きなことを仕事にするなんて最高じゃない。梅干しには、食欲増進、疲労回復、殺菌、食中毒予防、がん予防、血液サラサラ、ダイエット、アンチエイジングなど、さまざまな効果があるわ。


◎名前:竹内順平(たけうち じゅんぺい) 画像
◎生年月日:1989年10月17日
◎出身地:東京都板橋区
◎血液型:A型
◎学歴:玉川学園高等部卒業・玉川大学芸術学部PA学科卒業
◎職業:梅干しプロデューサー
◎会社:株式会社バンブーカット


竹内順平さんは、落語家の立川志の輔さんの長男として生まれて、子供の頃からずっと落語家になるつもりでいたそうだ。でも、大学生の時に父親に弟子入りを志願すると、3回も断られてしまった。

落語家の厳しさを知っていて断ったパラ?

カッカッカ。息子が自分よりおもろい落語家になるのが脅威だったかもしらへんでー。カッカッカ。

立川志の輔さんの真意はわからない。竹内順平さんは、しばらく東京糸井重里事務所でアルバイトをして、24歳の時になぜか梅干しに関わる仕事をすると感じたそうだ。ちなみに、竹内順平さんは父親について語っている。

その当時の僕は、それはまぁごはんを食べない子供だったんです。少食も少食。もうね、残す残す。でも、ひとりっ子だったので、家族は食え食えと言う。それでも頑固に少食派を気取っていたんですけど、ある日、親父が「お前、断食しろ」と言ったんですね。

「ダンジキ? なにそれ?」と。親父は「そんなにごはんを残すんだったら、もう食べるな。水だけ飲んで生きていけ」と。事の重大さに気づいていない小2の僕は、「うん、いいよ」と無邪気に返事をしました。

ところがです。断食中のある夜に母ちゃんがカレーを作りやがりまして。家中がカレーの匂いなんです。トイレに逃げ込もうがなにしようが、ぷんぷんにスパイシーなんです。もうね、おなかが減って減ってしょうがない。僕、夜の11時に泣きながら親父に叫びましたもん。「限界っ!!!」つって(笑)。その夜はカレーを3杯食べましたし、以来、ごはんを残さないようになれました。

出典:andrecipe.tokyo

竹内順平さんは、その直感を信じて梅干し食べ歩きの旅に出たの。その結果、全国300種類の梅干しを食べ歩くことになるわ。

そして、26歳の時に、大学からの友人である切替瑶太さんと共に、「BambooCut(バンブーカット)」を設立したぞ。

梅干しのための会社なんてすごいじゃない☆彡どんなことをするのかな~?

BambooCutは、梅干しのイベントを開催したり、梅干しを販売したりする会社なの。


「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営およびコンテンツ製作、商品の販売

・店舗・ギャラリー・イベントスペース「TOBICHI」の企画、運営
・犬や猫の写真を投稿するSNSアプリ「ドコノコ」の運営など


そして、現在は株式会社バンブーカットのクリエイティブ・プロデューサーをしているぞ!イベントの企画や制作・運営、日用品雑貨、食料品の新商品開発及び販売に通信販売事業・飲食店経営など忙しい日々を送っている。

竹内さんは、どんな人でも酸っぱいときの顔の無防備さに惹かれてるみたい。

すっぱいものを食べたらみんな同じ顔をするパラ。

梅干しの味だけではなく梅干しを食べた時の表情などにも魅力を感じているのが、竹内順平さんなんだ。