エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

ハイジは“やらせ”ではなくズバ抜けた能力者

動物と話ができたら・・・多くの人が一度は願っていることです。ペットを対象とした翻訳機などが登場しましたが、“会話”とはならないため、映画「ドクター・ドリトル」のようなやり取りがしたくなる人も多いのではないでしょうか?

志村動物園に数年前から度々登場している女性は動物とお話が出来ることで知られています。その名前は“ハイジ”。なぜ彼女は動物と話せるのでしょうか? 画像

スポンサードリンク

動物と話せるハイジってどんな人?

動物と話してみたい!

私たちも話しているじゃない。

パラ。

痛いところを突きよるなお主たち。ハイジ(Heidi・Wrigh)さんは、1964年1月5日生まれで、アメリカのカリフォルニア州「Gridley」出身なんだ。アニマルコミュニケーターとして活躍している。大学卒業後、警察官の仕事をして、カリフォルニア州の高速道路のパトロールをする勤務に就き、カリフォルニアの警察技能協議会で銀メダルと銅メダルの獲得しているすごい人だ。

そうだったの!?意外だわ!アメリカの女性警察官ってなんかカッコいいわ!

警察官引退後は、息子のホームスクリーングに力をいれてホームスクーリング関連の活動にも積極的に参加するようになった。この他、新聞記者や本・絵画、楽器なども演奏する多彩の持ち主だ。

2006年の4月に出版された「The Language of Miracles’」という本はベストセラーになって、日本では「動物と話せる女性ハイジ」という本を出版。人気番組「志村動物園」に出演してからは一気にその知名度を日本国内でも広めて、番組内では動物とのやり取りに涙する人が続出している!

ハイジが動物と話せるようになったきっかけ

ハイジさんはなんで動物と会話できるパラ?なにかキッカケがあるパラ?

そもそもなぜハイジさんは動物と話せることができるようになったかというと、それは幼少の頃から持つテレパシー能力なんだ。実は警察官の時代にもその能力を活かして事件などの捜査に役立てていた。警察引退後はテレパシーやヒーリングについて研究して役立てていたぞ。

そして研究をしていく内にあるワークショップに参加したとき、ハイジさんは自身の動物とのコミュニケーション能力の高さに気づいた。現在では21ヶ国で活躍するアニマル・コミュニケーターとして動き出しているんだ。

アメリカの警察という立場で凶悪犯と常に戦わなければいけないから、毎日が緊張感の連続。そんな中で暮らしていると研ぎ澄まされた能力が開花して動物の気持ちや言葉が、より具体的に理解出来るようになったみたい。

ハイジはやらせ?ずば抜けた能力者?

でも、オカルト的な要素になるから不思議な能力には“やらせ”の疑惑が後を立たないと思うパラ?

「目に見えないものは信じない」科学的目線から非科学的のことは一切受け付けない人がいるのは事実だ。その考えも間違ってはいない。動物の気持ちが通常の人間には分からないから、本当にその動物がハイジさんが放つ言葉通りに語っているのか判断できないから仕方がないんだ。

っとは言え、「そんなことはない」と一蹴りしてしまうのも違う。かつて地球が自転していることを知らなかった人類は「地球が回転しているなら空を飛んでいる鳥は遅れるはずだ!」と言っていた。でも科学の進歩に伴い、本当のことが判明していったんだ。

今は疑いの目があっても、時間が経つとそれが正しかったということはたくさんあるパラ!ハイジさんの場合も科学の進歩に伴って、証明される日がいつか来るかも知れないパラ。

確かにそうね。ハイジさんの能力は幼い頃からテレパシーの能力があったものの、最初から動物と話せたわけではないの。洞察力とヒーリング及び霊気などを研究を積み重ねた結果、その動物がどのような感情を持っているのかを5感を通じて感じ取ってると考えられるわ。

長い間動物と一緒にいると目や仕草を見ただけで今、何を思っているのか単純ながら分かるようになるものだけど、ペットを飼っている人も同じような経験を持ったことがあると思うわ。お腹が空いた猫は決まった時間になるとおねだりをしに来る。これも1つの仕草。犬も遊びたい時にはおもちゃを持ってくる。ハイジさんはその相手を感じる能力が通常の人間よりもズバ抜けていると思うの。

動物に語りかける時にハイジさんの相手の動物の口は開いてないパラ。漫画や映画などで見る“会話”とは程遠い光景パラ。動物とのキャッチボール的な会話ではなく、“感情”として感じて、飼い主さんなどに伝えているパラ。

アメリカにはFBI捜査として超能力を持つ人が採用されて、行方不明者や犯人の居場所などを能力を使い探り当てているパラ。この能力がハイジさんにもあるのならペットの見た風景がハイジさんの脳裏に反映されていても不思議ではない夢のある能力パラ。

アフリカで自然写真家の両親を持つ女の子“ティッピ”がいた。今は大人に成長しているけど、早い時期から野生の動物達との間に並外れた絆を結ぶ能力を持っていた。ティッピの両親は、彼女がまだ生まれる前に故郷のフランスからアフリカのナミビアに引っ越したんだけど、ナミビアにはライオンやトラ、チーターなどのどう猛な動物たちが生息している。両親はそこでティッピを野生の動物たちとともに育てることにしたぞ。ティッピという少女は猛獣といわれる動物たちともすぐに仲良しになれたんだ。

動物は人間の気持ちを敏感に感じ取るという。そして野生の動物たちとすぐ仲良しになれる不思議な能力を持っているティッピ。生まれた時から10歳になるまでずっと自然に囲まれて育ったんだ。彼女みたいに動物と人間との間で不思議な力が働く人もいる!