エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



林瑞季の拒食症を克服したホットケーキ秘話&お店の場所

シェアする

ホットケーキに人生を救われた女性、林瑞季さん。「マツコの知らない世界」など、メディアにも登場し話題を集めています。人生を変えたホットケーキ、林瑞季さんは壮絶な人生を過ごしていました。

スポンサードリンク

林瑞季の壮絶な人生

ホットケーキおいしいパラ~♪ふんわりケーキおいしいパラ。

ホットケーキといえば、林瑞季さんが有名だ。ホットケーキミックスに人生を救われた人で、超簡単で激ウマアレンジレシピも続々考案してるぞ。

林瑞季さんはどんな人パラ?

レシピ本を出版したり、カフェ経営していた林瑞季さん見ていこう!


◎名前:林瑞季 画像 
◎出身:和歌山県
◎生年月日:1986年4月
◎血液型:A型
◎出身高校:新宮商業高校
◎出身大学:大阪国際大学短期大学部

ブログ
Facebook
インスタグラム


ブログもしているけど、月間300万PVを集めている注目ブログになっているの。料理研究家でレシピ本を出版したり、カフェ経営、ボウルガーデンサイトで、カフェで使われていた食器の販売とプロデュースもしているわ。

「31カフェ」のお店を和歌山でしていたけど、Instagramを見ると2016年に閉店したようだ。林瑞季さんは、大阪国際短期大学を卒業して、独学で調理師免許を取った頑張り屋さんでもある。

林瑞季の複雑な家庭環境、HKお菓子に救われる

林瑞季さんの家庭環境は複雑だ。林瑞季さんが高校生の時に両親が離婚をしている。そして、高校生の頃から摂食障害になって、10年ほど拒食症で寝たきり・・・やせ細りの辛い人生を過ごしてきた。

身長162cmで体重23kgになって、延命治療を受けていたの。

23kgパラ・・・。風で飛んでいきそうパラ・・・。

林瑞季さんは、「1日の中で晩ご飯の時間が一番嫌いでした。共働きの両親は、夕食の支度が遅いと言う理由で毎日ケンカ。会話などなかったです」と語っている。そして、両親の争いをなくすために、林瑞季さんが食事を作ることになったが、これがきっかけでどんどん料理が好きになっていく。

でも、この料理をきっかけに別の感情も生まれたの。“食へのある種の執着”よ。体重を減らしたくて食べなくなってしまったそうなの。お医者さんによれば、23kgまで体重が落ちてしまった場合は、3人のうち1人は回復、1人はそのままの状態が続き、1人は死に至ると言うわ。林瑞季さんは運よく助かったけど、決して喜べる状態ではなかったの。

パラ・・・。

ギクシャクする家庭の中で育った林瑞季さんはうつ病を発症して拒食症に陥ったけど、それを立ち直るキッカケになったのは病院から「お菓子をおろしてみない?」と言われたこと。林瑞季さんはこの時にも拒食症の症状が改善できずに入退院を繰り返していたんだ。そんな時に、病院からお菓子の卸を薦められた。食べられないながらも料理をすること自体は好きだった林瑞季さんは、ホットケーキミックスを使ったお菓子などを病院やスーパーに卸して評判を得た。ホットケーキミックスが林瑞季さんの人生を大きく変えるきっかけになったんだ。

それ以外にも「場所があるからカフェをやってみない?」と知人から言われたわ。そこでお店をオープンしてみると大盛況になったの。自分のお店が必要とされている実感が沸いて、この忙しさが林瑞季さんに生きる活力を与えたわ。そして、摂食障害を抜け出して料理本を出すまでになったの。

林瑞季の現在

今はどうなったパラ?

現在は健康を取り戻して「マツコの知らない世界」とかにも出演したり、活動しているぞ!

結婚はしてるパラ?

未婚のようね。でも、シングルマザーで子どもが1人いるみたい。林瑞季さんは過去に男性と不倫関係になったという”噂話”があるわ。料理の仕事で知り合った結構有名な男性みたい。不倫関係の時にこの男性の子供を妊娠して出産したそうだけど、本人の口から何も語られてないから噂話と割り切って思っておきましょう。

そして、1号店は2016年に閉店してしまったけど、「31CAFE 2nd kitchen」は盛況ぶりだ。場所を見てみよう。


31CAFE 2nd kitchenの場所

◎住所:和歌山県新宮市新宮388-10 TSUTAYA WAY 仲之町店内

◎電話:0735-23-3133
◎営業時間:11:00~22:00
◎定休日:無休


壮絶な人生を逆に活かして頑張っていたパラ。すごい人パラ。