エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



男女7人集団変死事件でマリアの真相と残された子ども

シェアする

2000年代初頭に世間を騒がせた「男女7人集団変死事件」。その中にはカリスマ的人気を誇った美人ミュージシャンがいました。惨劇の裏には女同士の嫉妬、愛憎渦巻く復讐劇があったのです。

スポンサードリンク

男女7人変死事件とは

男女7人集団変死事件ってなにパラ・・・?

2004年10月12日、午前6時29分頃、埼玉県皆野町皆野の「美の山公園」展望台近くにある駐車場で、若い男女7人がワゴン車内で死亡しているのが、秩父警察署員によって発見された。

発見された7人に外傷はなく、車内で死亡していたのは10代前半から20代後半とみられる男性4人と女性3人で、運転席に女性、そしてシート二列目に女性2人と男性1人、シート三列目に男性3人が倒れている状態だった。

車内に練炭を燃やした七輪が置いてあったため、警察では、一酸化炭素中毒による集団自殺とした事件だ。

若い人が多い悲しい事件パラ。なにがあったパラ・・・?

秩父署の署員は、亡くなっていた7人の中の1人とみられる人物の北海道在住の友人が、10月10日「秩父郡皆野町にいる。県道37号脇付近のハイキングコースの車内7人いる。練炭自殺した」といった内容のメールを受け取った、という通報があったため、捜索していたんだ。

自殺をほのめかすメールから約12時間後に発見され男女7人が変わり果てた姿で発見。7人が、インターネットの自殺サイト上で書き込みをしあっていたことは当初から話題になっていた。

首謀者「マリア」の存在

この事件、実は複雑な人間模様が潜んでいたわ。この男女7人集団変死事件には大きな権力を持った首謀者マリアがいたの。美人ミュージシャンとは「メリーメリーマリー」のボーカル、マリアさんのこと。

マリアさんは、人気グループ「T-BOLAN」のボーカル・森友嵐士さんの元妻としても知られているわ。マリアさんは1994年7月に森友嵐士さんと結婚したけど、出産直後から離婚にむけての話し合いが行われていたの。そして結局離婚へ。彼女が壊れてきたのは彼との出会いからだったわ。

マリアさんは8歳の頃から、アサミ・マユミ・ミカという幼馴染がいたんだ。20歳まで親友の関係だった。森友嵐士さんとマリアさんは結婚が順調だったけど、結婚したことを世間には一切隠していたぞ。もちろん幼馴染の親友達にも隠していた。

隠し通せたパラ?

結婚だもん。隠し通せるはずがないわ。ある日結婚していることが世間にバレてしまったの。幼馴染は「あなただけ幸せになるなんて許せない」と言い事件が静かに近づいてきたわ。マユミ「結婚したんだって?自分だけ幸せになって嫌な女!」

持っていたナイフで・・・。マリアさんは一命を取り留めたけど、マユミの姿はもうそこにはなかった。マリアさんは隠していた自分も悪いと思って警察に通報しなかった。そこでリカに相談した。ベビーシッターもリカに任せていたんだ。

リカさんは子供好きでいい人そうパラ。

それがある日、家に返ってくるとリカの姿がなかったの。そして赤ちゃんの姿もなかったわ。外を見てみるとそこにはリカの姿が・・・。リカは子供を車にはねさせ殺そうとしたの。急いでマリアさんは子供を助けにいったから、子供は間一髪、車にひかれずにすみ助かったわ。

どうなっているパラ~!危ない人ばっかりパラ~!そういえばもう一人幼馴染がいたパラ。

アサミがマリアを助けるために来たんだ。しかしある日リビングから火が出た。すると・・・。アサミ「むかしから嫌いだったんだよ!これからじっくりお前を不幸にさせてやる!」火災はなんとか止められたけど、精神的にマリアの心はボロボロになっていった。

もう誰も信じられないパラ・・・。

実はここまでに登場した幼馴染の3人は、すべて架空の人物だったの。

ぬぉー!?どういうことパラー!?

多重人格障害。2003年に別の男性と再婚するも、夫のDVがあり別居状態となるの。家を出たマリアさんは、子供を連れて都内を転々としながら離婚調停を進めていたけど、現状に耐えられなくなったそう。この事件で自殺する直前に子供を施設に預けているわ。

「ネット心中」を呼びかけたのが、マリアさんだったの。マリアさんの呼びかけに対する志願者たちのやりとりは、後に、フリーライター渋井哲也さんによって雑誌「創」で公表。

東京都文京区の無職女性(34)と報道された、集団自殺を呼びかけた女性が、T-BOLANのボーカリストの離婚した妻「マリア」だったこともあり、世間に追い打ちをかけるようにショッキングな事件となったわ。


多重人格障害

多重人格障害については時々テレビでも取り上げられる病状で、その人の内側に秘めている人格がかわるがわる表に出てくる障害を指します。ほんの数分前まで穏やかだったのに、いきなり豹変して暴力的な行動をとったりすることも。


マリアは幼少の時から父親に暴力や淫行といった虐待を受けていたそうなんだ。マリアは物心がつく前から思春期までずっと父親から暴力や淫行を受けていて、心に深い傷を負ってしまい、これが原因でマリアに複数の人格が誕生した。その中の人物が自分の子供を時には虐待してしまったりもしていたんだ。

そう、幼馴染はすべて多重人格の人間。ナイフも赤ちゃんを車で殺そうとしたのも火も・・・、すべて別人格の自分がしたこと

元旦那の森友嵐士さんは奥さんの様子がおかしいと治療を開始したけど、そのマリアの中にいる人格たちが「自分が消される」と思い反抗していた可能性もあるわ。それからマリアの再婚相手もまた結婚後に豹変して、DV夫へと変貌。マリアは再び心を閉ざされ離婚したの。

嫌な自分を閉じ込め、自分の中に新しい人物が次々と生まれ12人ほどいたと言われているの。そして運命の2004年10月、マリアは生きる力を失い、同じように生きる力を失った若者男女7人をインターネットを使い集め他界。

他の人格に邪魔されないように大勢で死ぬことを望んだと言われているわ。マリアは自殺する直前に子供を施設に預けて最愛の子供に別れを告げたの。「ごめんね。お母さんは もう死んじゃうけど、 あなたたちを産んで幸せだった」

・・・パラ。

マリアの壮絶な苦労が残されていた。生前マリアは、フリーライターの渋井哲也さんにこんなことを言っているぞ。「前向きに生きろと言われるのは苦しい。かといって、後ろ向きだと死んでしまう。なら楽に生きるために、横向きで生きていければいい。」と。夫は音楽活動を休止した。辛く苦しい本当の気持ちは本人にしか分からないことが多くある。

幼い頃から本当に辛い人生を過ごしてきたパラ。でも、残された子供の気持ちを思うとやるせない気持ちになるから、母親の分まで生きて欲しいパラ。