エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

好井まさお 通り魔事件の不幸話がヤバすぎる

お笑い芸人・好井まさおさんは、「人志松本のすべらない話」でも話術を披露し、すべらない実力の持ち主。特技に「不幸な話」を持つ好井まさおさんの過去にいったいなにが起きたのでしょうか?

スポンサードリンク

好井まさおを襲う通り魔事件の恐怖

好井まさおさんの身に降りかかる不幸がやばい。

好井まさおさんはお笑い芸人パラ。なにがあったパラ?

芸人同士で集まって鍋パーティをする事になった。養成所近くの芸人の家がパーティー先に決まる。この家の持ち主は売れない芸人の家で、かなり古いアパートだ。共用トイレ&共用玄関と言えばだいたい想像はつくだろう。

よくわからないパラ。古そうなのはわかったパラ。

とにかく古い家だ。盛り上がって楽しく過ごしていたが、朝4時にトイレがある1階へ降りると、共用玄関の扉が開いていた。玄関の方に向かい外を見てみると、外では黄色いパーカーを着た男が不審な行動をしていたんだ。

事件の匂いがしてきたパラ・・・。

好井まさおさんと目が合い、「おはようございます」と大きな声で挨拶をされた。養成所の近くだから後輩かと思った好井まさおさんも「おはようございます」と挨拶を仕返したぞ。そして、同期の人もトイレへ行って、戻ってくると「下で黄色いパーカーを着た奴と会ったんだけど、ピョンピョン跳ねながら挨拶してきたんだよ!」と言い、その同期も後輩かと思い挨拶を返した。

ぬぉー!ただの”挨拶マン”だったパラー!いい人パラー!

それから数時間後、眠りにつくと・・・、同期に起こされテレビを見ることになった。好井まさおさんの共同アパートの近所で通り魔事件の報道があって、「白昼堂々!商店街に通り魔出現!多数負傷」というニュースが目に入ってきた。その報道を見ていると、黄色いパーカーを着た男が、次々と包丁で人を刺していったんだ。目撃者が「黄色いパーカーを着た青年が奇声を上げながら次々と刺していった」と話していた。

あの男だったパラー!悪い人だったパラー!!なんで通り魔になったパラ!?

その黄色いパーカーの男は「挨拶を返さなかったから、刺した」と供述した。もしもあの時に挨拶を返していなかったら好井まさおさんも同期の芸人も刺されていたかもしれない・・・。

恐ろしいパラ・・・。背筋が冷凍庫になったパラ・・・。

好井まさおの背筋も凍る甥っ子の話

好井まさおさんは通り魔事件以外にも身も凍るような体験をしているの。好井まさおさんと母親、そして甥っ子の3人で亡くなった父親のお墓参りに行ったわ。

みんなでお墓参りするパラ!

突然、甥っ子が母親を指差して「ばあばが死ぬで」と一言いったの。「ばあばの後ろに黒い人がおるから、ばあばは死ぬねん。じいじが死んだ時も、じいじの後ろに黒い人がおったから、ばあばも死ぬねん。」

ぬぉー!!死神パラー!!1000%死神パラー!!

そのわずか3ヶ月後、母親が体調不良で病院に行くと末期がんで余命数ヶ月と宣言されたわ。その日に3階の部屋に入院することになったの。好井まさおさんが甥っ子とお見舞いに行くと病室が3階と知りながら何故か2階に向かっていたわ。

なんでパラ・・・?誰かに呼ばれたパラ・・・?

「どこへ行くん?」って、好井まさおさんが甥っ子に聞いたら、「ばあばの後ろにおる黒い人が、2階でウロウロしているから、ばあばは2階におると思うねん」と言って、22045室へ入っていったわ。でも空き部屋で誰もいないからそのまま3階の病室に向かったの。それから数日後、病院から母親の危篤を知らせる電話がかかったわ。部屋が変わっていて、看護師さんに案内されながら付いて行くと2階の22045室だったの・・・。

・・・。

徐々に母親の心拍が下がっていって「このまま死んでまうんかな」と思っていたら母親が急に目を覚まして「これ誰や?」と言ったわ。親戚のおばさんが一緒にいたから「親戚のおばちゃんやで」というと、再び「これ誰?」と聞かれたから「だから親戚のおばちゃんやって」と言ったの。そして最後に「誰、この部屋中にいる黒い人達」という言葉を残して亡くなったの。

黒い人は一人じゃなかったパラ・・・。

好井まさおの阪神淡路大震災

平成7年1月17日の阪神淡路大震災が発生した。好井まさおさんが寝ていると急に足元が光ったんだ。すると工事のおじさんのような人が現れて、スピーカーを使い「はい、今から地震が起きます。3、2、1」という声で本当に地震が起きた。

急に現れた不思議な人パラ。

その声で家族が好井まさおさんの部屋に集まったが、両親や姉が寝ていた部屋はタンスなどが倒れめちゃくちゃになっていた。もしも好井まさおさんの部屋に集まっていなければ皆下敷になっていた・・・。

間一髪危機一髪パラ・・・。工事のおじさんは誰だったパラ・・・。

好井まさおの長野にある旅館

後輩が高校時代修学旅行に行った話をしたの。仲良し5人組が一緒の部屋で怖い話をしながら途中で寝てしまったわ。

怖い話したら逆に寝れなくなるパラ。

後輩が金縛りにあったわ。友達がいるから目をあければ金縛りとれると思ったけど誰もいないの。そして扉が開いて友達が入ってくるけど服装は一緒で顔が違ったわ・・・。

どうなっているパラ・・・。

身体が動かない中でどんどん近づいてきて怖かったと語っているわ。実はこの体験を他の後輩2人がしたことがあるという話を聞いたの。好井まさおさんはいくらなんでもさすがにおかしいから「ネットで流行っている話かな」と思い信じなかったけど、それぞれ修学旅行、家族旅行、卒業旅行の話で、ネットにも情報はなかったから本当の話だったみたい。それを確証したのがそれぞれがとまった長野の旅館も同じだったから・・・。

怖すぎるパラー!!

関連好井まさおってどんな芸人?ホクロを取りたい本当の理由