エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



宝塚 一路真輝の子供と現在は

シェアする

元宝塚男役トップスターである一路真輝さんは現在、50歳で愛娘と一緒にあることを行うシングルマザーになっていた!?元宝塚男役トップスターの一路真輝さんとはどのような人なのでしょうか?

スポンサードリンク

一路真輝ってどんな人?

元宝塚歌劇団の雪組トップスターである一路真輝さんはどんな人パラ?

演目の「エリザベート」で一躍人気になったわ。1982年に宝塚歌劇団に入学し、“一路万輝”の芸名で活動を開始。高い歌唱力が注目され、男役として経験を積んでいくことになったの。

1993年「天国と地獄/TAKE OFF」で待望の雪組トップスターに就任。この間には、実父が名古屋の三越に電話し、「5000万円持ってこなければ店を爆破する」といった脅迫事件を起こしため、一世を風靡していた娘の父親ということもあり話題を集めたわ。

1996年、「エリザベート」の千秋楽を最後に惜しまれながら宝塚歌劇団を退団。退団後は、テレビや舞台で活躍し、2006年5月、「エリザベート」の相手役だった内野聖陽さんとの婚約を発表したの。そして同年7月に妊娠が判明、7月末に入籍し、8月に公表。同年10月に女児を出産しているわ。

当初、2008年度にも芸能活動再開の予定だったけど、育児・家庭生活を優先させるために女優業を無期限付の長期休業を決め、これを受け、公式ファンクラブも解散しているんだ。

それから一路さんは、 2010年3月5、6日に 開催された 「with songs by live @クリエ」で 約4年ぶりに復帰し、2010年12月から 上演された 「アンナ・カレーニナ」で 本格的に舞台復帰をしている。順調そうに見えた生活だけど転機が訪れた。

夫の内野聖陽と離婚へ


順調そうに見えた一路真輝さんの生活になにがあったパラ?

2010年9月、 夫である内野聖陽さんが、 「フライデー」に スクープされたの。2010年8月の夜に一般家庭の人妻とコインパーキングに停めた車中でキスをするなどした写真が公開。スクープを撮った「フライデー」では、 不倫以外にもコンビニで発泡酒を購入して車中で飲んだ後、 車を発進させるなど内野さんが飲酒運転したという疑いの報道もされたわ。

内野さんが所属する文学座は、文書で見解を発表。密会については、「記載されたような行為に及んだことは事実ですが、決して男女の交際関係にあるということはありません。(また、)道路交通法に違反するような行為に及んだ事実はない、ということを本人から確認を取っています」とコメントしているの。

2010年2月には、 一路真輝さんと内野聖陽さんの2人は既に別居していると報じられ、「女性自身」によると、内野さんは結婚当初から亭主関白だったそうで、一路真輝さんは 「まるで明治の男みたい」と言っていたそうなんだ。“昭和”ではないところ、余程の亭主関白だったことが読み取れる。

「彼が友人を呼ぶのが好きじゃないから、私も人を家に呼べないの」などと、価値観の違いに苦しんでいたみたいだ。そしてお子さんがまだ赤ちゃんの頃には、夜泣きをすると「セリフ覚えに集中できないから 子供を連れてホテルにでも行け!」と 声を荒げていわれた。

それはひどいパラ・・・。

内野聖陽さんがお子さんの夜泣きによりセリフが覚えられないため集中出来ない日々が続いたの。そして、一路真輝さんと長女は家を一時別居として出て行くことを決意。その後も夫婦関係は修復することが出来ず、離婚へ。

2011年8月18日、 一路真輝さんは、内野聖陽さんと離婚届を提出したと FAXで発表したわ。40代の一般人女性とW不倫や家族をかえりみない仕事のし過ぎなど、積り募った我慢の限界だったの。

子供の親権は、一路真輝さんが持っている。離婚当初は、父親に会わせる気はなかったが、内野聖陽さんがテレビに出ると、 「パパ!」と言って 大喜びするため、その姿を見ると「内野聖陽」は紛れもない父親なんだと思ったそうで、意地を張ることで子供を悲しませていいのかと思い、今では会わせるようになったというんだ。親はかえられないからな。

一路真輝の子供と現在は?


一路真輝さんは今どうしているパラ?

現在、一路真輝さんは、 舞台やドラマなどに出演して、帝国ホテル125周年記念企画 「インペリアルミュージカルシアター」などにも出演されるなど芸能活動は健在よ。そして一路真輝さんのブログには、愛娘さんと一緒にミュージカルを観劇したことなどが紹介されていて、楽しい毎日を過ごしているの。

母親の影響を受けて、娘さんも宝塚の道を目指すかも知れないパラ。

シングルマザーの彼女は、愛娘と一緒にカラオケに行き、妖怪ウォッチを歌うことを趣味にしているぞ。