エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



こいしゆうかもハマるひとりキャンプの魅力とは

シェアする

超軽量でお一人様用キャンプグッズの世界。「ひとりキャンプの世界」では、7年間で1000泊以上を過ごした“おひとり様キャンプ”にハマる女の子がお手軽キャンプグッズで超インドア派!

スポンサードリンク

こいしゆうかとお一人キャンプの魅力

大自然の中でみんなとワイワイ楽しむキャンプは最高パラ!

そうだな、森や川に囲まれて美味しい空気の中、時間を忘れて過ごす・・・最高だ!でも今は、一人でのんびりと過ごす“ひとりキャンプ”に流行の兆しが見えているそうだ。みんなでワイワイ楽しむイメージが強いキャンプをあえて一人で楽しむキャンプの魅力はいったいなにか気になるな。

一人で楽しむキャンプパラ?

うん。通算1000泊以上を過ごしてきた“ひとりキャンプ”を楽しむ こいしゆうかさん。彼女は、今時のキャンプは超ラクチンで軽量テントに、割れない食器、折りたたみの小型テーブルに組み立てイスなど、女性が一人でも十分楽しめると力説するわ。

キャンプといえば“火”が必要ね。でもコンパクトな炭火台まであるから安心よ。キャンプに興味がない人でも思わず「楽しそうかも・・・」と口ずさんでしまうこと間違いなしで、リュック1つのお手軽キャンプが実現できるわ。こいしゆうかさんについて少しみてみましょう。


こいしゆうかの人物像

▼名前:こいしゆうか
▼愛称:パンダ・ゆっかちゃん
▼生年月日:1982年11月3日
▼血液型O型
▼出身校:都立城東学校
▼職業:イラストレーター、アウトドアコーディネーター

画像 画像

こいしゆうかさんは、女子だけでキャンプを楽しむというコミュニティー「女子キャンプ」を立ち上げた人です。

本業はイラストレーターであり、漫画やライター、そしてアウトドアコーディネーターでもあるというマルチな活動をしています。ちなみに彼氏や結婚は、本人のフェイスブックによる限り独身だそうです。


女子キャンプってなんや?

女子キャンプは、こいしゆうかさんがmixiにて立ち上げたコミュニティーを発端に、女性による女性のためのキャンプのこと。女子キャンプのコミュニティーで行っていたオフ会キャンプは、「マイテントを自分で設営、ご飯もマイバーナーで自分で料理!」というルール を設けて不定期開催しているそうよ。毎回40人近くの女子が集結するほどの規模にまでなっているの。コミュニティー参加者は3300人以上に上るわ。じわじわと人気が高まっている女の子のキャンプ♪

女子キャンプで女の子のためのキャンプ・・・、そんままやんけ!カッカッカッカッ。覚えやすくてええの~。誰でもわかる呼び名は重要やで!

こいしゆうかさんはキャンプにハマりすぎて、テンマクデザインというアウトドアブランドとコラボして、「PANDA」というテントを作ったの!すごいわ!女の子でも使いやすいようにカンタンに組み立てることができて、荷物としてもかさばらない、まさに女の子のためのテントよ!

この「PANDA」には、こいしゆうかさんが「こうだったらいいのに」を詰め込んでいるみたい。テントは一人用サイズだから、まさに女子キャンプ&ひとりキャンプに適しているテントに仕上がっているの!

テンマクデザイン PANDA[パンダ]アースカラー

すごいパラ!これなら日帰りキャンプでも手軽に使えそうパラ!

こいしゆうかさんの女子キャンプブログには「沼料理」って言葉がたくさん出てくるわ。キャンプで料理すると見た目も味もなんとも言えないものが出来上がるそうで、こいしゆうかさん本人が沼料理と命名したみたい。見た目は美味しそうに見えないけど、食べてみると意外と美味しい料理を意味しているわ。でも、本人によると見かけも味も「・・・」って思う時があるみたい(笑)

自分だけの料理だからアレンジし放題。料理まで冒険できて楽しそうだ。みんなでガヤガヤワイワイする男子キャンプとは違って、女子キャンプは自分の時間を確保してのんびり過ごせることがポイントだ。部屋で1人でいることを満喫している人は、キャンプも1人で居たほうが落ち着きそうだ。しかも大自然の中にいる。ストレス解消とリラックスはこの上ない頂点だぞ!

でも最初は不安な人も多いと思うの。そんな状況を打破してくれそうなのが、こいしゆうかさんが出版している「キャンプ、できちゃいました。」

この本はこいしゆうかさんのキャンプ初心者だった頃からキャンプのレジェントになるまでの経験を元に、キャンプ初心者が知りたいことを全部詰め込んである本なの。アウトドア雑誌のような難しい言葉を使わずにキャンプをするのに最低限必要な荷物だったり、キャンプの魅力や道具の選び方などを説明しているわ。

これがあれば、誰でも楽しく、そして可愛くキャンプができちゃうパラ。自然いっぱいで過ごす贅沢な自分だけの時間を作ってみるといいパラ。