エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

片桐仁の「カレイPhone」スマホケースが奇抜!

シェアする

片桐仁創作「カレイPhone」は、ユーモアがありすぎて目を引きます。

スポンサードリンク

99.9-刑事専門弁護士にも登場したカレイPhone

99.9-刑事専門弁護士-で松潤が弁護士になったけど、カレイPhoneが話題を集めたの。松潤の相棒役を演じるのは、片桐仁さん。 画像 彼は自身で創作した粘土作品「カレイPhone」をドラマの中で登場させたわ。彼はハンドメイドなどの粘土や工作は得意なんだけど、絵は全然ダメで描けないと公言していることでも知られているの。

カレイPhoneってなにパラ?

劇中で明石達也が手にする世にも奇妙なスマートフォンケース「カレイPhone」は、片桐さんが17年にわたり続けてきた“何かに粘土を盛る”というアートから 誕生した作品なの。

片桐さんは「カレイPhone」を普段から使用しているんだけど、ドラマの打ち合わせの際に現物を見た監督やスタッフの間で話題になったことから、ドラマの中でも使ってみようと決めたそうよ。  画像  画像 画像裏側

片桐仁さんすごい。他の人とは違うことをして新しいものを生み出す、さすがアーティストだ。

”ド”がつくほど魚やんけwwwカレイやんけwww。いい意味で奇抜やな。ワイは使おうとはおもわへんけど部屋に飾っときたいわ~。

芸術は人それぞれ!そこが面白いところよ!