エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top



福原遥が語る女優の決意とは

シェアする

ハッピハッピハッピー!クッキンアイドルのまいんちゃんが日に日に美人に成長していると話題を集めています。そんな福原遥さんは、事務所をかえ2016年に入り出演ドラマが次々と放送されています。「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」では、藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)演じる零を一途に思う女子高生の桜沢しおり役に挑み、フライパンを持ちながらお料理をしていた姿とはまったく違う顔で魅了している姿に話題を集めました。「レンタル救世主」でも女子高生役を演じてその演技に高評価を受けています。

スポンサードリンク

福原遥の女優魂に芽が咲き始める

まいんちゃんのイメージが強かったけど、美人さんに成長しているパラ。「キャベツせいじん~」っていってたのに、はやいパラ~。 画像 画像

福原遥さんは7歳の頃から芸能活動をしているの。事務所が変わったからか撮影風景や女優の仕事が激変したらしく、最近になって“芸能”に対する考え方が変わったらしいわよ。

子役の演技と大人の演技や!そりゃ~変わるやろ!周りのスタッフの目も一人の女優として見てるはずやで。子役のまいんやない!福原遥っちゅ~女優や!

福原遥さんが演じた”しおり”は、零への想いから飯豊まりえ扮するキラに対して嫉妬深い行動をとったりする女子高生なんだ。福原遥さんは「こうしたちゃんと個性がある役は初めてだったので、すごく嬉しい反面、プレッシャーもすごかった。私自身がしおりみたいな経験がほとんどないので、嫉妬する気持ちだったり三角関係を表現するのは苦手だなって思ったんです。だから恋愛もののドラマや映画をいっぱいみて主人公の気持ちに寄り添いました」と立派な女優としてのコメントを残している。

レンタル救世主でも抜群の存在感だったわ。本格的に女優業が始まったから、現場ではそうとう緊張していたそうよ。バラエティー向けのカメラとドラマのカメラじゃ気持ちの入り方がそれぞれ違うものなの。バラエティー番組は笑顔から入るのが多いけど、ドラマはその役柄の人物になりきって始まるからワンランク難しいのかもしれないわ。福原さんは「演技には全然自信がなかったので不安だったし、やればやるほど反省点がいっぱい見えてしまいどんどん緊張してしまうんです」と胸の内を明かしているの。

緊張する福原遥さんを共演者は優しく接してくれてなんとか乗り切ったパラ!まいんちゃんの時は“習い事”のような感覚だったらしいパラ。芸能界にいて女優さんの仕事をやりたいと思うようになってきたパラ。

大人になるにつれて芸能界の中のことを理解してくるが、楽しいのと同時にすごく悩むことが多くなったそうだ。自然と“芸能”に対しての向き合い方が変わってきたと想いを語っている。

撮影現場では監督から演技がダメって言われた日があったらしくてすごく悔しかったみたい。女優として始まったばかりだから自分ではどこがダメなのか分からない部分もたくさんあって、監督といっぱい話をしたら気づけたことがいっぱいあったわ!

少しずつだけど確実に女優としての道を作っていってるパラ!