エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

柳葉敏郎クビ!ゴチバトルの結果、最後の言葉に涙(2016)

ついについについに、1年間の戦いが終わりました。「ゴチバトル2016年度」最終戦でクビメンバーが決定したのです。

スポンサードリンク

ゴチバトル クビ候補

ついに2016年のゴチバトルが終わった。毎年誰かがクビになって新メンバーを迎えているんだ。クビになるのは放送メインのナイナイも例外じゃない。

カッカッカッ、矢部も岡村も過去にクビになったでーwww。ナインティナインの番組やのにナイナイがおらへんで”ナイナイ”やwww。放送局も焦って復活させたんやwww。カッカッカッ。

クビになるのは最有力候補の二階堂さん。でもおみやでピンチになっている岡村さん、柳葉さんも危ないわ。

でもでもでも~、高額自腹で一発クビもありえるよ~国分さ~ん。

それは矢部さんも同じパラ。

今回はギャンブルが大好きな勝負師・坂上忍さんが100万円を持参したの。その他にもぺこ&りゅうちぇるがゲストに迎えられたわ。運命の禁断ゲームも盛り上がったの。

憧れの五つ星ホテル絶品イタリアンで最後の晩餐クビ結果

ぐるナイ「ゴチになります」は、設定金額から最も離れた金額分の料理を食べてしまった人が負けとなり、全員分を自腹で支払うが、合計金額が設定金額と同額の場合は、ピタリ賞として100万円がもらえるというルールがある。

毎年、一年間のしはらいそうがくで一番悪い成績をだしたレギュラーメンバーがクビになる過酷なルールだよ☆彡。そして新メンバーと入れ替わる♪わたし毎年まってるけど全然オファーがこないんだもん。

今回の舞台は「シャングリ・ラ ホテル東京」の超高級イタリアン「ピャチェーレ」。イタリアのお屋敷のダイニングをイメージした空間の中で、日本とイタリアの食材を絶妙に組み合わせた料理が楽しめるお店なの。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

ピャチェーレの場所

▼ 交通手段
・JR線 「東京駅」 日本橋口より 徒歩 1分
・八重洲北口より 徒歩 2分
・地下鉄 「大手町駅」B7出口より 徒歩 2分
・「日本橋駅」A3出口より 徒歩 3分
・東京駅から258m

▼ 営業時間
・朝食・・・6:30~10:00(平日)/ 6:30~10:30(土日祝)
・ランチ・・・11:30~14:30(平日)/12:00~14:30(土日祝)
・ディナー・・・18:00~21:30(月~土)/18:00~21:00(日祝)

▼ 営業日
・無休

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

最終決戦直前の年間自腹レースの順位と金額を見てみよう。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

▼ 第1位・・・二階堂ふみ
57万6900円

▼ 第2位・・・柳葉敏郎
49万6300円

▼ 第3位・・・岡村隆史
47万4900円

▼ 第4位・・・国分太一
29万5050円

▼ 第5位・・・矢部浩之
26万4600円

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

1位の二階堂さんと2位の柳葉さんの差はわずか8万600円パラ。どうなるかわからないパラ。ドキドキパラ。

クビになったメンバーと結果を見るでー!

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

ぐるナイ ゴチバトル 結果

設定金額:3万円

・ピタリ賞100万円・・・×
・ニアピン賞・・・ぺこ&りゅうちぇる ティッシュ獲得、岡村 千円

・第1位・・・
岡村隆史
47万4900円自腹リセット!+ニアピン賞
2万9800円

・ 第2位・・・
ぺこ&りゅうちぇる
3万400円

・ 第3位・・・
柳葉敏郎
3万2900円

・ 第4位・・・
二階堂ふみ
2万6600円

・ 第5位・・・
国分太一
3万6800円

・ 第6位・・・
矢部浩之
3万7800円

・ ビリ・・・
坂上忍
4万600円

合計、23万4900円お支払い

ゴチバトル 2016年最後のおみや

シャングリ・ラ・ホテル 東京特製 オリーブオイル&パスタとパウンドケーキのセット
・1名分:5000円
・おみや代(視聴者プレゼント含む):14万円

ぐるナイ ゴチバトル クビ結果 2016

二階堂ふみ
散り際の曲:遠くで汽笛を聞きながら・アリス

柳葉敏郎
散り際の曲:旅立ち・松山千春

岡村隆史
散り際の曲:逢いたくてしかたない・郷ひろみ

国分太一
散り際の曲:ジャンプ・TOKIO

矢部浩之
散り際の曲:くるみ・Mr.Children

▼ クビ・・・

柳葉敏郎

2年間戦ってきて・・・

「もってるっちゃーもってるよな。2年間という短い期間でした。高校の時の恩師が一つのところに3年いないやつはなにをやっても成功をつかめねーからと言っていて、その信念の元にやってきたつもりです。

でもバラエティーの中で残念ながら(3年間)過ごしたことがないんだ・・・。だから・・・、バラエティーは難しいってことやな。

この番組ですげーなって思ったことはこのスタッフの番組に対する熱い想いを感じていました。その気持ちを裏切ってはいけないなと思い毎回毎回頑張ってきたつもりです。ほんとに楽しかったです。ありがとうございました。」

「楽しかったことしか思い出せないんですよね~ たった2年なんですけどね~、なんか悔しい部分よりもそっちなんですよ。(いろんな人に)応援してもらって声をかけてもらって・・・あたっちまってもうしわけないよな~・・・、でもみんなほんとうに応援してくれてありがとうございました。」

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

ぐるナイ2016も波乱の結末を迎えた。

2017年のぐるナイゴチ新メンバー2人に注目パラ。