エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top 3DCG工房 Top

河合彩 現在、結婚と乳がんで右乳房全摘出していた!

金メダリスト荒川静香さんの18年来の盟友で、長野五輪の元アイスダンス日本代表・河合彩さんの現在は、乳がんを発症して、右乳房全摘出の宣告を受けていたことが判明しました。

また、10年ぶりの彼氏と荒川静香さんの存在で救われたようです。いったいなにが起きたのでしょうか? 画像

スポンサードリンク

河合彩が右乳房全摘出の宣告を受けていた!

そういえば、長野五輪の元アイスダンス河合彩さんは今どうしているパラ?

フィギュアスケートとアイスダンスで魅了した河合彩さんは、乳がんを患ってしまったらしい。そして2015年3月23日に自身のブログで結婚を伝えているんだ。

13歳までフィギュアスケートの選手で、膝にトラブルが起きてからアイスダンスに転向したパラ。ガンになっていたパラ・・・。

結婚相手はどんな人なの?スポーツマン?一般の人かな~?

河合さんの旦那さんは1歳年下、一般の人で料理人よ。河合彩さんの知り合いを通じて運命の出会いに巡り合ったの。とても明るくて優しい人みたい。

そして元々フィギュアスケートの選手だったから荒川静香さんとも知り合いで、18年来の盟友なの。緊張していた荒川静香さんに優しく接してくれるお姉さん的な存在。オリンピック出場した直後の4月に、現役を引退しているけど、理由はスケートを続ける資金がなくなったからだそうよ。

スケートはたくさんのお金が必要って聞いたことがあるパラ。

引退後は日本テレビに就職、アナウンサーとして活躍していたけど、2002年12月に退社しているわ。2003年にカナダのトロントへ留学した河合さんは、タンゴと出会い、ダンスを始め、帰国してからITベンチャー企業に就職してOLとして勤務。その後にコンサルティング会社を設立しているの。

輝かしい仕事と結婚と乳がん、河合彩は明暗な人生を歩いていたんや。

河合彩さんは、結婚の報告と一緒に、ブログ内で乳がんを患っていた旨を告白している。親友が乳がんになって、会う内に人間ドックを勧められるようになった。人間ドックをしたが結果は何もなし。

でも2014年6月のある日、お風呂で“しこり”を見つけた。すぐに病院にいくと腫瘍と判明。先生の言っていることが理解できないほどショックを受けたんだ。悲痛にもその腫瘍は大きく、4.5cmに成長していた。そして右乳房全摘出の宣告を受けた。

女性にとってはとても辛い決断になるわ。そして、2014年8月に右乳房の全摘出手術。

手術はどうなったんや?

無事に手術は成功したわ。2015年3月時点では転移もなくて、現在はホルモン療法をしているの。ひとまず安心。

ちょっと待ってよ~。結婚と乳がんを一緒に告白でしょう?旦那さんは受け入れたの?びっくりしたと思うんだけど。

2つの大きな決断を旦那さんに告白した河合彩さん。旦那さんと出会ってからすぐに癌が見つかったけど、その時に隠さず病気を伝えたようだ。そして当時の彼氏だった今の旦那さんから「僕と付き合ってください」と言われた。

そして「片方に転移する恐れがあるなら両方とってもいい。君が生きているんだから」と言ってくれた。子供を産むことができないかもしれないと告げると、旦那さんは「できなかったら二人でもいい」と言ってくれた。

旦那さんはほとんど毎日お見舞いに来てくれて、河合彩さんの支えになって一緒に病気と闘ってくれたの。河合彩さんは旦那さんのおかげで病気に対してすごく勇気をもらえたわ。「これからは、今まで支えてくれた彼へ感謝の気持ちを忘れずに、妻として彼を支え、明るく温かな家庭を築いていきたいと考えております」と語っているの。

いい旦那さんじゃない☆彡ラブラブでほんと河合彩さんが大好き♪

旦那さんと荒川静香さんの支えの中、大手術を乗り越えて2015年に結婚。河合彩さんの今はフィギュアスケートの解説を始め、日テレ学院・アナウンサー養成クラスの講師や、フィギュアスケートの指導など幅広く活動している。

「がんを経験した今の方が幸せ」そう語る河合さん、同じ病気で闘っている人たちの励ましになるわ。河合彩さんは幸せの金メダルを手にしているわ!