エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

マラソン解説の増田明美に絶賛の声

恋愛・・・食生活・・・マラソンの世界で活躍する増田明美さん。「マラソンは人生劇場」と言う増田さんが、その最大の見どころ“給水所。

給水所にはドラマがあり、海外では野口みずきさんだけの水は冷たかったのです。メーカーさんに言い冷たい水を得ることが出来ました。日本ではその真面目な管理からキンキンに凍らせた状態で水が飲めなかったことも。

スポンサードリンク

増田明美ってどんな人?

マラソンの自己ベストは2時間30分30秒 (1983年)を持つ増田明美さんの実況は面白いわ。

どういう実況をするパラ?

まずは、増田明美さんについて見てみましょう。現役時の体重は39kgという増田さん。日本女子小学6年生の平均体重が39kgなので、マラソンランナーのため、余分な脂肪は極限まで落としていたようね。

2005年1月 ファイナンシャル・プランナーの一般男性・木脇祐人さんと結婚しているの。木脇さんは宮崎県出身で大学卒業後、 証券会社に勤め、その後、ファイナンシャルプランナー として働き、現在もその傍らで増田さんの仕事が多忙な時はサポートにまわっているわ。木脇さんはバツイチで増田さんとは再婚になるの。

小学校へ通学するため、片道2.5kmの距離を歩いて通っていたが、しばしば登校中に忘れ物に気づき自宅まで走って取りに戻ったりしたことがあった。そのお陰もあってか、足腰や心肺能力を高めるキッカケになったそうなんだ。往復で5kmをほぼ毎日小学生の身体で歩いていたからすごい。

小さい身体で毎日大変だったパラ・・・。

足腰を鍛えていたけど、足が遅いという理由から運動は苦手な方だったみたい。でも、中学生の頃に転機が訪れたの。それは漫画「エースをねらえ!」との出会い。憧れからテニス部に入るけど、駅伝のメンバーが足りないことから、その一人として参加することになったわ。

その駅伝でなんと高校生3人抜いて優勝を果たしたの。それを機にテニス部とかけもちすることになるけど、陸上競技で優勝、全国大会まで出場するなど、次々と陸上競技において記録を出していくわ。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

札幌タイムス20キロロード:
日本最高記録で優勝、途中計時の10キロでも日本最高を記録。

トラックの3000m・5000m・10000mロードの10キロ・20キロ等数々の日本記録をすべて塗り替えていきました。

★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★◇★

月日は流れある日、小出義雄監督が千葉県立佐倉高等学校の入学へとスカウトにやって来たの。でも既に成田高等学校に進学が決まっていたわ。

どっちの高校に決めたパラ?

最終的には千葉県立佐倉高等学校に入学を決意したの!自宅から高校まで遠かったことから、陸上部の監督の自宅のはなれで下宿。頑張って陸上の道に進んでいったわ!

でも、1年生の2学期に貧血になり、監督からマネージャーに転校するように指示されたんだ。それに反発した増田さんは陸上部をやめて自宅に戻り、転校を考えたり、2時間半かけて高校に通学したりしていた。そのかいもあってか、監督を見返してやろうと半年後に復帰することに成功。

それから猛練習を重ね、1984年にはロサンゼルスオリンピックの日本女子代表に選抜されたんだ。ただ、ロス五輪女子マラソン本番では、16km付近で途中棄権。これにより一旦マラソンを離れたけど、1988年1月の大阪国際女子マラソンで3年半ぶりのフルマラソンを走った。そして、1992年1月の大阪国際女子マラソンで途中棄権したのを最後に引退へ。

増田明美の子供は?

増田明美さんは結婚しているパラ。子供はいるパラ?

増田明美は、2005年1月に1つ年下のフィナンシャルプランナーと結婚しているけど、子供は、結婚されたのが41歳の時で、年齢的に子供を持つのが難しいと判断したこともあり、子供は現在いないようね。でも子供は大好き!子供がいない代わりに、「子供とかかわる活動がしたい」という思いから発展途上国の少女たちを助ける仕事をしているの。

増田明美の小ネタ収集力実況が話題


現在は スポーツジャーナリストやレース解説者と して活躍する増田明美さんだけど、その解説中に出てくる“小ネタ”が 話題になっているわ。

小ネタ実況が話題になっていたパラ。

「この選手は愛媛のみかん農家の生まれです」や、「ヌデレバさんはカボチャが大好きで、 日本のカボチャの種をケニアに持っていったんですよ。 上手く育たなかったそうです」など。多くの選手を深く調べあげ、ちょくちょくと解説に豆知識的に盛り込んで実況するから、選手の裏側まで聞くことが出来るとして視聴者も楽しみにしている人が多くいるぞ。

一般的な実況は現在見ている選手の状況を伝えるけど、増田さんの実況は現在の状況+選手の過去・未来についても語られるパラ。

増田明美さんは、1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表の元女子マラソン・陸上競技長距離走選手で、現在はスポーツジャーナリスト・レース解説者、そしてタレントなどで活動中。1980年代前半の日本における女子長距離走の第一人者は今日も走り続けているわ。